国際人になりたい-世界那么大,我想去看看

海外かぶれの次は、憧れの国際人に

【新華字典】追記

「字典」と「辞典(中国語では詞典)」とはどう違うの?

 

こんばんは.

先程の記事への追記として「字典」と「詞典」の違いについて触れてみたいと思います.

さて中国語において、漢字一文字が単語として成り立つ(実際に会話の中で言える)ことはあまりありません.単語のほとんどが二字以上の熟語から成り立っています.

その為、字典と詞典の区別があります.

 

 

例えば、「」.

日本語ではこの一文字の漢字が「め」のことを表す一単語として成り立ちます.よって「目がかゆい」「目がさめた」のようにいうことができます.

 

 ではこの漢字を実際に≪新華字典≫で引いてみましょう.

①眼睛:~瞪口呆|历历在~|~空一切(自高自大)。②看:一~了然。③大项中再分的小项:大纲细~。④目录:剧~|书~。

簡略化してますがざっとこんな感じでした.

ここで言っているのは…①め②(動詞の)見る③大きな項目をさらに分けたもの(生物とかの、~目~科とか言うときの「目」みたいな意味)、④目録 

これらが「目」の原義なのだということです.

「目」は中国語において単語ではありません.したがって「目很痒(”目”がかゆい)。」とは言えません.(正しくは「眼睛很痒。」)

 

一方で「詞典」の「詞」とは単語のことです.

「詞典」が日本語で言う国語辞典と同等のものだということになります.

 

中国の子ども達も字典と詞典の2冊を使って国語の勉強していくのだそうです.

ふたつの違い、お分かりいただけたでしょうか.