国際人になりたい-世界那么大,我想去看看

海外かぶれの次は、憧れの国際人に

【国際恋愛】【中華系】【華人】【東南アジア】【シンガポール】【英語】-リアルなシングリッシュを公開します

シンガポールの英語シングリッシュとは?




シンガポール人は皆語学力が非常に堪能で、バイリンガルは当たり前みたいな感じです.日々の社会生活で使う英語は、現代シンガポール人の殆どが不自由なく使えると言ってよいでしょう.例外としてお年寄りの中には偶に英語が話せない方もいらっしゃいます.華人学校なるものが存在するからです.例えば日本人の子が両親の仕事の都合で海外に住み、現地の日本人学校のみに通っていると、中々現地の言葉は身に付かないのと同じように.
シンガポール人は英語に加えてだいたい自分の民族の言語(中国語、マレー語、タミル語〔インド系移民の言葉〕など、これらは民族ごとに子供の頃から学校でも習う)を話すことができます.また華人の多くは家庭内で使う中国語方言(広東語や福建語またそれらの下位方言など)を話せたり、話せなくても殆ど聞き取ることができたりします.
シンガポールではバリバリのビジネスマンや、弁護士が特に英語力が高いのだそうですが、面接やスピーチなどフォーマルな場面ではやはり正確な英語が話されます.しかし、カジュアルな場でのおしゃべりには、色んな言語をミックスしたようなシンガポール英語「シングリッシュ」が広く使われています.中華系のシンガポール人と英語で話してみると、特に「中国語みたいな言い方」がやたらと出てくることに気が付きます.実際のチャットに見える生シングリッシュの中から2つの典型的特徴を紹介します.






f:id:xuexizhongwen3170:20180922184238p:plain






1疑問文の語順の誤り
「Washing what?」で「あなたは何を洗っているの?」という意味.これ中国語の語順ですね〜.中国語では疑問詞を文頭に置きません.(Washing what?=洗什么?)似た言い方で「go where?(どこ行くの?)」もよく耳にする気がします.正しくは「Where are you going?」と言うべきところ.



2ah lah mahなどを語尾につける
「Done ah?」だけで「終わったの?」と言う疑問を表すことができるみたいです.中国語での「好了啊?」というニュアンスに近いのだと思います.まさに中国語のいいところ取りをしたような英語の表現.




英語が公用語、学校でも仕事場でも英語を使うのに、堂々と日本の中学生でも分かるようなミスをしているんですね.でもシングリッシュ、中国語をかじった私としてはすごく便利でわかりやすい英語だな〜と思います.シンガポールの観光地では食べ物を売る売店のおじさんが「You can try it kan kan!(お姉さんちょっと食べて見い!)」と声を掛けてきたりします.「kan kan」は「看看」なのでしょうね.(中国語の「看kan4」には文字通り「トライする」という意味合いがあります.)看看を後ろにつけたくなっちゃう気持ち、分かるような気がする〜!とその時思いました.






正しくない英語「シングリッシュ」を恥ずかしいと思ったりお笑い種にされたりしてはいますが、良くも悪くも彼らにとってそれはシンガポールを代表する文化そのもの.
「正しさ」は人と人との交流の場で時に必ずしも必要なものではないと思います.伝えたいことを自分の伝えたいニュアンスで伝えることができる、というのはすごく素晴らしいことです.これからも「シングリッシュ」が地元の人や世界中の人に愛される言語の一つであってほしいなと私は思います.









f:id:xuexizhongwen3170:20181004091235j:plain

2018年夏、シンガポールスターバックスでフラペチーノに期間限定フレーバー「シオッ ア チーノ(shiok ah ccino)」が出ていました.(メニューの名前がこれで合っているのかよく分からない.)「シオッ(shiok)」はマレー語由来の代表的なシングリッシュのワードで、「クール!」「最高!」みたいな感じの意味.常夏の太陽の下で、冷たいドリンクをゴクゴク飲むような気持ちよさを表します.
この面白い名前のフラペチーノは、カップの底に黒糖味のゼリーをしきつめ、シンガポールやマレーシアで愛される、バラの花のシロップとミルクを混ぜ合わせたような「バンドン」に、ココナッツミルクを合わせた、南国風味のドリンクでした.
まさしくシンガポール「ならでは」のフラペチーノですね.